緊急事態宣言の延長が発表された中、
新しいシューズを手に入れて、
ほんの少しモチベーションが上がっている
63才は、糸島方面へ朝7時からバイクに跨った。

ニューシューズは、相変わらず具合が良い。
密着感、一体感のようなものが心地よい。
走っている途中、CAAD10で感じていた
踏み込むとバイクが前に出るように加速する感じを
フルイディティでも感じた。

長距離、長時間乗るロードバイクの色々なフィッティングは、
緩みなく、かといって強すぎず、いわゆるちょうどピッタリ、
というのが、大事なんだが、基本的に面倒くさがり屋の僕は、大雑把に
適当に合わせて、後は体の方を合わせれば良いといった傾向がある。
100キロ走ると、4時間以上は自転車の上にいることになるし、
一分間に少なくとも60回転ぐらいはクランクを回すのだから、
一時間も走れば4000回転ぐらいにはなる訳で、いい加減なセッティングでは
痛みや障害の原因になる。
ワイヤー式のクロジャーシステムは、
ミリ単位で締め付け具合の調整が出来て、特に真ん中の
クロージャ―が緩みなく調整出来て具合が良い。
ベルクロだとただきつく締めるだけの大雑把な調整になってしまう。

彦山の坂を登りきって、一休みしたところで、
背中のポケットに入れていたスマホを石垣にぶつけてヒビが入ってしまって
多少ブルーになりながら12時半には帰宅した。

IMG_2877