今まで履いていたシューズは、SIDIのジニウスというモデルだが
さすがに8年以上履いているので、ベルクロの結着力がなくなってきて
そろそろ限界を迎えつつあった。
購入したのは、やっぱりSIDI、保守的な僕は、シューズはかたくなに
MADE in Itaryのこのメーカーを選んでしまう。
補修パーツが充実していて安価で、デザインが美しい。
クリス・フルームだってツールで勝った時、SIDIのシューズを
履いていたんだから。
ERGO5というモデルは、2019年モデルだったようで
支払った価格は3割以上安くなっていた。

雲一つない晴天だが5月になろうとしているのに、
気温は20度そこそこと、気温が上がらない中、
新調したシューズの試走の為、志賀島へ向かった。

停車してはクリート位置を修正しながら50㎞走った印象はというと、
非常に良い!わずかだが走行能力が上がったような感が有る、特に登坂がよろしい。
走りながら理由を考えてみたが

①プラシーボ効果・・・✖実際に潮見公園の坂は、13分10秒といつもより早かった。
②ジニウスは入門モデルだったが、今回のERGO5は中級モデルで、
 重量が軽い為・・・・✖ 家に戻って測ってみたら
 重量は新旧とも両足で670gとほぼ同じだった。
③カーボンコンポジットソールで、入門モデルのジニウスより硬くなっている為、
 反発力が上がっている。
④くたびれたジニウスは、あちこちゆるみが出て、結果パワーを
 ロスしていた。・・・
 ワイヤ―で締めるクロージャ―システムは、細かい調整が出来て
 ゆるみがない一体感がある。 慣れると使い勝手も良い。

まあ良くわからないが、一人で走っていてニヤニヤするくらい気分が良かった。
IMG_2911