DSC01154

アキヅキさんのロングライドイベントが延期となり、毎週の走行会に参加した。
本日のコースはチームの常連さんには、走り慣れた八木山峠~竜王林道コース。
高度290mの八木山峠を登ったが、5㎞程のヒルクライムは、前回よりもほんの少し
楽だった。なんとか時速10㎞を切らずに峠を迎えたが、さらに高度340mの竜王林道を
登ることになって一度下り始めた。
気持ちよく下った分をまた登るのかと思うと、自虐的気分に囚われた。
竜王林道の登りのスタートは噂で聞いていた通り、斜度10度以上の
急な登りから始まる。距離はこちらも5㎞程度だが、こうなるといつもの歩くような
登りになってしまった。メンバーのHさんは、遅い僕に付き合っていただいたが、
ふと見るとフロントアウターで登っておられた。
もう少しチームの皆さんを待たせない程度には登りたいものだが。
帰路の力丸ダム周辺を走る下りは、道幅もあって車両に出会うこともほとんどない。
適度にスピードを出しながら、木立の中をチームメンバーと走るのは、
とても気持ちが良い上質な時間だ。
気温も30度ちかくになり、コンビニで休憩中にふと顔を撫でると、
汗が乾いてザラザラと塩が付いている。これだけミネラルを失うと
足が攣るのも仕方がない。というか筋肉がチギれそうに感じるほど
足の筋肉が攣る。しばらくだましだまし走っていると収まるが。

獲得標高が1111mとゾロ目だ。なにか良い事があるかも知れない。
家に戻って冷たいシャワーを浴びれば、
日常の中で積み上げた小人の些細な憂いは、綺麗に消えている。
これもヒルクライムの醍醐味の一つなのだろうか。
ビエンメのジャージが落車で傷んでいたので、
全く同じデザインの2代目を購入。娘が東京で手配してくれた。