DSC00940
















今年、初めての糸島半島ライド。
久し振りの100キロライドだが、往路が向かい風だった上に
昨日ジムで筋トレしたせいもあって、大腿四頭筋は悲鳴を上げ始め
ただの重りと化し、太腿の裏表とも攣りそうな感じの中、
よれよれの状態で芥屋の大門までたどり着いた。
例の「穴の開いたバケツ」とやらには,ほとんど水が
残っていないかったようだ。
DSC00944















帰路、走行会メンバーのSさんと出会ったが、とても
付いていける状態ではなかったので、挨拶をして
見送った。
休憩中にEMONDAを眺めて見ていても、どうもCAAD10のように
しっくりこない。何処かカッコ良くない。
やはり、もう少しいじらないといけないようだ。
帰宅してから、サドルを5ミリくらい
前に出した。下ハンを握るとブレーキに指が掛かりづらいので
STIレバーの調整ネジを回して、グリップ側に近づけた。
105のSTIレバーだと、スペーサーを挟み込むという
調整方法しかなかったが、無段階に調整が出来て
便利だ。但し、その分ブレーキアーチのクリアランスは
狭くなる。こんな具合にあちこち触っていると、なんとなく
自分のバイクになっていくような気がする。
走行距離92㎞ 走行時間3時間58分 平均速度23.2km 平均CAD63



ロードバイク ブログランキングへ