横浜に住んでいたころ、ワイズロードの茅ヶ崎の店で
1000
円払うと、体の各サイズを計測した上で、
教科書的セッティング数値を提示してくれるサービスを受けた。
もっと短足だと思って、ずっと生きてきたが、体重に応じた荷重を
上向きにかけて図る専用の
測定器で図ってもらうと身長176㎝の
僕の股下は81cmだった。
下記のバイクのデータはメジャーと水準器を使って測ったものだから、精度に自信は無いが、
このところ、ほぼ落ち着いていて、時々サドルを数ミリ上げ下げしたり、ハンドル高を5㎜上げたり、
戻したりしている。( )内はそのワイズロードの推奨値だが、
標準値から大きく離れてはいないようだ。

2015年7月現在のポジション数値

○サドル高71.cm(71.5cm)=乗り始めの頃は、68㎝だった。

ペダルとの位置関係で最初に決まるポジションだと思う。大げさに思えるかも知れないが

乗り始めの頃、5ミリ上げるとぜんぜん乗った印象が違うのを体験して感動した覚えがある。

一度に上げ下げするのは5ミリ以内が良い。最下点にペダルがある時に、
 足首が90度弱の
曲り具合で、膝が伸び切るほんの少し手前の高さ
 というイメージを持っている

○サドル後退幅 6.5cm(6.2cm)=サドルの種類によっても変わるんだろうが
                         ほぼ標準的。
○ハンドル落差8cm(7.2cm)=乗車した時の肘の曲げ方、前傾の深さで、
                  快適なポジションは変わるのだが、下
ハンを握って
                  腕を伸ばし加減でリラックスできる位置を意識している。

○ハンドル芯~サドル先端54cm(54.7cm)
○SB長(サドル先端~ブラケット)65.5cm68.2cm) 

1月jpg

  




人気ブログランキングへ