空と風とロードバイク

53歳から乗り始めたロードバイク、 走りながら体験したこと サドルの上でひとり妄想したこと

福岡市の志賀島・海ノ中道をEMONDA SLでよく走っています。 

あれこれと雑事や雨にたたられて、結局20日振りにロードバイクに跨った。本当に久し振りの休日の晴天だ。午後はあれこれスケジュールが入っているが今日、自転車に乗らなければ,「飛べねぇ豚」になってしまうとばかり朝8時過ぎに出発。アキヅキさんの練習会に参加出来るレベ ...

今年、初めての糸島半島ライド。久し振りの100キロライドだが、往路が向かい風だった上に昨日ジムで筋トレしたせいもあって、大腿四頭筋は悲鳴を上げ始めただの重りと化し、太腿の裏表とも攣りそうな感じの中、よれよれの状態で芥屋の大門までたどり着いた。例の「穴の開いた ...

昨日の晴天とは、打って変わって、典型的な日本海側の冬を思わせる曇り空と風の中、距離を稼ぐため志賀島を3周して帰ってきた。帰路は雨がポツポツ落ち始めたが、こんな時エグザリットリムのホイールはなんとなく安心感がある。走行距離60.5㎞ 走行時間2時間28分 平均時速2 ...

2016年初のライドも志賀島。気温は7度前後と寒いが、走り出すとほんの少し汗ばんでくる。この頃、「フランキーたけ」なるオジサンがユーチューブに上げている動画を、通勤のヒマ潰しに見ているが、大腿の付け根でぺダリングするというのが、面白かったので走りながら、意識し ...

何かと行事が多い年末になって、師走のわずかな時間と晴れ間を見つけて志賀島へ。20日以上ロードバイクを触っていなかったので、体はユルミ気味でどうにもバイクは進まない。ケイデンスも80を超えるのがやっとの状態。どうやら今年少しづつ積み上げたものは、リセットされた ...

たまたま本屋で見つけた土井雪広の本。やっと新城幸也と別府史之が日本人としてツールドフランスを完走したが、世界レベルでのロードバイクの日本人プロの活躍は、まだまだ黎明期らしい。本場ヨーロッパでプロとしてレースを走った日本人レーサーが書いた本なので、買ってみ ...

11月から、バイクにまともに乗れていない。風は強いが久し振りに晴れ間の見える中、志賀島へ。スタートしてしばらく走って気づいたが、2.5ミリ長くなったクランクはシッティングでは変化を感じないが、ダンシングすると踏み込んだ足が深く沈んでいくような頼りなさを感じる。 ...

↑このページのトップヘ